プレカットってなんだろう | ポラス グループ ポラテックの日本最大級 規模のプレカット工場

プレカットってなんだろう
TOP > プレカットってなんだろう

プレカットとは何でしょう
全ての木材加工の工程をコンピューター制御による機械で行う工場生産システムです。伝統的に木材の加工は、大工が現場で柱や梁に墨付をし、ノミやカンナ等を使って行なっていました。しかし、大工人口が減少する中で、年々プレカットが注目されるようになったのです。

プレカット加工のメリット
加工精度がアップし、高品質な家づくりが可能になります。
CADで設計されたデータを基に、コンピュータ制御で加工しますので、その精度は手加工より1.5倍もアップします。それによって、品質のばらつきもなくなり、耐久性の高い、高品質な家づくりが可能になるのです。

工期短縮が実現します。
通常、大工が20日かかる作業を、1〜2時間で終らせることが可能になり、工期も短縮され、住宅生産コストもダウンすることができるのです。

環境を守ります。
現場の作業がなくなるため、木屑などの産業廃棄物の削減にもつながるのです。

 

プレカットの工程は?
CAD入力
建築図面をCADで入力し、一棟の家に必要な木材の数や加工形状などをデータ化します。
このデータはプレカット工場に送られます。
木材の選定
使用する木材の選定は、長年の経験を持つ厳しいプロの目で、一本一本入念に行います。
プレカット加工
データを基に、コンピュータ制御によってプレカット加工を行います。
品質検査
できあがった部材がデータ通りに加工されているかの検査を行い、万全の体制で責任ある製品づくりを行います。
完成
加工が終了後、納品までの間に製品の品質が劣化しないよう細心の配慮で品質管理を行います。
建築現場へ
大工は加工済みの部材を現場で組み立てるだけ。耐久性の高い高品質な家づくり、そして工期の短縮が実現します。